読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残り僅かな全盛期

30代修行中の初心者プログラマー。いろいろなサイトを参考にコードを使用させてもらいます。

mvvm light toolkitの導入①

まずはMVVMのフレームワークの導入から。

Visual Studio拡張機能で「MVVM light for VS2015」を導入。
その後、新規プロジェクト作成でテンプレートから作成。

作成されたソースを確認。

まず、MainWindow.xaml

<Window x:Class="MvvmLightIntroduction.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:ignore="http://www.galasoft.ch/ignore"
        mc:Ignorable="d ignore"
        Height="300"
        Width="300"
        Title="MVVM Light Application"
        DataContext="{Binding Main, Source={StaticResource Locator}}">
    
    <Window.Resources>
        <ResourceDictionary>
            <ResourceDictionary.MergedDictionaries>
                <ResourceDictionary Source="Skins/MainSkin.xaml" />
            </ResourceDictionary.MergedDictionaries>
        </ResourceDictionary>
    </Window.Resources>

    <Grid x:Name="LayoutRoot">

        <TextBlock FontSize="36"
                   FontWeight="Bold"
                   Foreground="Purple"
                   Text="{Binding WelcomeTitle}"
                   VerticalAlignment="Center"
                   HorizontalAlignment="Center"
                   TextWrapping="Wrap" />

    </Grid>
</Window>

まず、ここでよく分からないのが以下のコード。

        mc:Ignorable="d ignore"

これについては、一応説明のページがあった。
mc:Ignorable 属性
katsuyuzu.hatenablog.jp

ようするに、開発中、デザイナ画面では有効になるけど、
実行時には無視してほしい属性に対して使うようなものかな。
このXAMLだと、d:XXXXXXやignore:XXXXXXと書かれたものが実行時に無視されそう。

次、これ。

        DataContext="{Binding Main, Source={StaticResource Locator}}"

ViewとViewModelの紐付けにDataContextをバインディングしているのは分かる。
[Main]と書かれているのは、MainViewModelのことかな?[ViewModel]部分は省略して書くのか?
問題は、Source={StaticResource Locator}
これは何だ?ViewModelLocatorと関連あるのか?

そう思ってViewModelLocatorのコードを確認したら、以下のコードがあった。

        /// <summary>
        /// Gets the Main property.
        /// </summary>
        [System.Diagnostics.CodeAnalysis.SuppressMessage("Microsoft.Performance",
            "CA1822:MarkMembersAsStatic",
            Justification = "This non-static member is needed for data binding purposes.")]
        public MainViewModel Main
        {
            get
            {
                return ServiceLocator.Current.GetInstance<MainViewModel>();
            }
        }

そしてViewModelLocatorのソースの頭に、コメントでこんなことが書いてあった。

/*
  In App.xaml:
  <Application.Resources>
      <vm:ViewModelLocatorTemplate xmlns:vm="clr-namespace:MvvmLightIntroduction.ViewModel"
                                   x:Key="Locator" />
  </Application.Resources>
  
  In the View:
  DataContext="{Binding Source={StaticResource Locator}, Path=ViewModelName}"
*/

なるほど、LocatorというキーでアプリケーションのリソースにViewModelを登録していて、
Viewからはリソース経由でViewModelと紐付けるのか。
ん?でもこの使い方の説明にあるような、

DataContext="{Binding Source={StaticResource Locator}, Path=ViewModelName}"

というのはすんなり理解できるけど、
MainWindow.xamlのほうの

DataContext="{Binding Main, Source={StaticResource Locator}}"

という記述はよく分からない。
Bindingの後って順番関係ないんだっけ?Path=って省略できる?

これについてはこの記事が非常に参考になった。
st63jun.hatenablog.jp

時間が無いので今日はここまで。